2017年11月13日更新

ジスロマックは淋病にも効果的

ジスロマック(アジスロマイシン)とはマクロライド系の抗生物質です。
様々な病気や症状に利用されており、クラミジアの治療などにも使われています。
そして、一日一回服用するだけで、効果が1週間持続するという効果があり、毎日服用する必要がない薬でもあります。
病院などでも処方される事もある薬で、近年は利用される機会が多くなっています。
また、病院など処方されますが、個人輸入などの形でも購入することは可能です。
このジスロマックは淋病にも効果的という事もあって、その効果を期待してインターネットの個人輸入サイト経由で購入される方もいます。
個人輸入ならば、普通に購入するよりも安くなる場合もありますので、そちらで購入される人もいます。
なので、現在はインターネットの個人輸入サイトで手に入れるか、性病科で処方してもらうといった方法があるのです。
日本性感染症学会ではスペクチノマイシンやセフォジジム、ミノサイクリン等と同じように、淋病に感染している方へこのジスロマックが推奨されています。
このジスロマックの優れている所は、服薬量を増やすことで淋病とクラミジアの両方治療することができるという点です。
服薬方法は経口摂取で、1000mgを一回服用します。

あわせて読みたい記事